薄毛予防には運動習慣を

薄毛を予防するためには、運動の習慣を身につけることが重要です。頭皮の血流の流れが悪くなったり、ストレスを感じ取ると、頭皮にダメージを与えてしまうことになります。

また体を回復させるための成長ホルモンを効率良く分泌させるためには、運動を行い、体に適度な疲労感を与えることが重要となります。

運動を行うことのメリットとしては、頭皮への血流量を増やすことができる、ということです。心肺機能を強化することは、一度に送られる血流を増やすことができる、ということです。
そのため、定期的に運動を行っている人は、薄毛の予防に効果を発揮していることになります。

薄毛に対してストレスは大きな悪影響を及ぼします。



常時ストレスが感じられている状態を維持すると、自律神経が乱れてしまい、体の回復力が低下することになります。その結果いつまでも頭皮の細胞を回復させることができなくなってしまい、薄毛になってしまうのです。


運動を行うことで、セロトニンと呼ばれるホルモンの分泌を促進してくれるため、ストレスに強くなります。

成長ホルモンが体にとって重要なのは、睡眠中に多く分泌され、体の細胞を回復させるために必要だからです。

OKWaveについての情報を提供しています。

成長ホルモンは年齢を重ねるとともに分泌量が低下するために、体の回復力が低下してしまいます。


運動を行うことで、成長ホルモンの分泌量を増やすことができるのです。

これは体の回復量を高めることになりますが、副次的に頭皮の細胞の回復力も向上するために、薄毛の予防に役に立ってくれるのです。