薄毛には良質な睡眠が必要

薄毛の対策を行うためには、良質な睡眠を行う必要があります。

人間の体は睡眠中に一番回復されます。
これは睡眠中に成長ホルモンが一番多く分泌され、これが体の細胞を回復させるために役に立ってくれるからです。

睡眠の質や時間が少なければ、このホルモン十分に分泌させることができなくなり、体にダメージを与えてしまうばかりでなく、薄毛を引き起こしてしまうことになるのです。

良質な睡眠を行うためには、メラトニンが必要になります。


メラトニンは睡眠に必要なホルモンであり、分泌されることで眠気を催します。



しかし、現代社会においては、このメラトニンをしっかりと分泌させることができなくなってしまい、良質な睡眠を行えなくなっているのです。


メラトニンの分泌が阻害される要因に、就寝直前まで強い光を浴びている、ということです。

メラトニンは光に弱い性質があります。ちょっとした明りでも、目に入ることで、その分泌が抑制されてしまうのです。現代社会においては、強い光を発生する物はたくさんあります。

テレビやパソコン、スマートフォンなど、モニターの光を浴びてしまうだけでも、メラトニンの分泌が抑制されてしまうのです。そのため、しっかりとした睡眠を行いたいのであれば、就寝直前までモニターを使用する行動を行わないことが必要になります。

またモニターを見ることは、目にも悪影響を与えます。

NAVERまとめがさらに話題になりそうです。

眼精疲労は頭皮にも悪影響を与えるため、就寝直前にモニターを見ることは、薄毛に対して様々なデメリットがあるのです。