Skip to content

ドレスシャツとはなにか

ドレスシャツというのは、簡単に言うと「礼服やスーツに合わせる白い無地のシャツ」の事です。では、カラーシャツや柄の入ったシャツはドレスシャツとは呼ばないのか?というと、必ずしも決まりがあるわけではありませんので、その境界はとても曖昧です。

しかしスーツにカジュアルシャツは合わせませんが、ドレスシャツはスーツに合わせる事が多いので着用する場面ははっきりしています。素材は綿やポリエステルの物が多いです。綿100%だと肌触りもよく素材としての安心感があるので人気ですが、綿はシワになりやすいため、最近ではシワになりにくいポリエステル素材を選ぶ人も増えています。

せっかくのシャツですから、洗濯しやすく、シワになりにくい素材だといつも清潔に着られるので助かりますよね。プライベートでもカジュアルに着用できるカジュアルシャツとは違い礼服やビジネスシーンで着るスーツの下に着る事の多いドレスシャツですが、生地や襟、カフスの違いで印象を変える事ができます。だだにスーツの下に着る白いシャツだと思われがちですが、よく見ると襟やカフスがまったく異なりとてもデザイン性がある事がわかります。

特に襟は角度や開き方やネクタイの合わせ方などによって第一印象が変わるので、この襟がビシッときまっているとても素敵です。ただの白いシャツですが、細かな部位をよく見て自分に似合うデザインの物を選んでみるとシンプルな中にもデザイン性のあるとっても素敵な印象を持ってもらえるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です