Skip to content

ドレスシャツはビジネスシーンでも着用されています

ドレスシャツは礼装用シャツをドレスシャツと考えている人がいますが、もともとワイシャツやカッターシャツといったスーツの下に着用するシャツのことを意味します。

シャツの色やエリの形など、さまざまなデザインがあるワークシャツとは違ったシンプルなスタイルのものが多く、ファッション誌ではドレスシャツと表現していることが多いでしょう。

素材は主に綿やポリエステルなどがほとんどで、シワを気にするなら、ポリエステルが含まれているものを選ぶと無難です。スーツの下に着用する場合、平織りのブロードが基本的なスタイルですが、オックスフォードなども人気があります。オックスフォードタイプはボタンダウンなどに良く使われている生地で、カジュアルなシーンでもよく活用されています。

日本では、ドレスシャツは礼服というイメージがあり、礼服用のシャツには白の光沢感のある上品なブロード織りが多くあり、エリはレギュラーカラーを採用していることが多くあります。礼服には襟先が小さく織りかえったようなウイングカラーや、襟先にピンを通すための穴が開いているようなピンホールカラーがあります。必ずネクタイもします。

もともとドレスシャツは下着で、パンツの役割も果たしていたそうです。シャツの裾の前後が長くなっているのは、パンツの役割だった時代の名残で、今は裾の下にもボタンが付いていますが、もともと後ろの裾のボタンの穴に通して着用していたそうです。

ビジネスシーンではもちろん、プライベートでも着用している人が多くいます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です