Skip to content

ドレスシャツ着用のシーン

オフィシャルな場所で着用する、襟付きのシャツ全般を称してドレスシャツと呼びます。

一般的にはビジネスや公式の場所などで着用するワイシャツなどがこれに当たります。ワイシャツなどはカジュアルなものもあるので、正装を求められた場合の着用には注意が必要です。標準的な襟首のサイズのものであればビジネスから冠婚葬祭までの用途に使用できます。

ワイシャツの色は豊富な品ぞろえがありますが、一般的なドレスシャツの標準的な色は白色で、ボタンも白で統一されているほうがより自然です。カフスボタンの使用もシーンに合わせて選ぶ必要があります。

ドレスシャツの素材は一般的には綿やポリエステルが基本ですが、しわが気になったりする場合は、綿ポリエステル混合素材のものを選ぶと間違いありません。スーツの下に着る場合は平織りのものでよい場合もありますが、種類によってはカジュアルな分類に入るものもあるので、着用するシーンに分けて選ぶ必要があります。

ドレスシャツは礼服としての解釈される場合もあります。礼服用のシャツは光沢のあるブロードが採用されているものが多く、襟は定番のカラーが使用されています。ドレスシャツは着用シーンに合わせて、形や生地などの選択が大切になります。

形や着こなし、自分の体のサイズにあったものを選択することが大事です。襟型の形状など細かい部分にも気を配り、どのシーンにおいても最適な着こなしができることが重要になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です