Skip to content

ドレスシャツのコーディネート

ドレスシャツの定義は、カジュアルシャツの対義語としてのもので、襟付きの長袖シャツ全般を指します。分かりやすく分類すると、日本の場合はプライベートシーンで着用するのをカジュアルシャツ、ビジネスシーンやパーティーなどオフィシャルな場で着用するのをドレスシャツと考えてください。

一般的にはワイシャツやカッターシャツという呼び名で通っていて、基本的には同じものになります。日本の場合、男性はスーツがオフィシャルシーンの基本となるので着こなしを知っておくと安心です。

色に関しては白やグレー、サックスブルーなどが合わせやすく、初心者におすすめとなります。シャツはスーツの下に隠れてしまうので気遣わない人もいますが、実はスタイル全体の印象を決定する大切なアイテムです。スーツの本場であるイギリスのジェントルマンはシャツにも拘り、コーディネートをしっかりと考えて選んでいます。

清潔感や誠実さといったイメージを強めるのに役立ち、組み合わせを知っておくと役立ちます。ドレスシャツとスーツは色の組み合わせがポイントになり、白シャツは比較的合わせやすく、グレーやネイビー系とマッチして、誠実さや清潔感をアップさせる効果が得られます。

次にサックスブルーも爽やかで知的な印象を与えるので、要所で活用すると雰囲気を変えることができるのでおすすめです。その他にも襟の形や、ネクタイのデザインや色など気にする点は多いですが、まずは色の組み合わせから始めてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です