Skip to content

ドレスシャツの襟ぐりを洗う方法

ビジネスマンにとって、ドレスシャツやネクタイは日常的に不可欠なファッションアイテムといえます。そもそもドレスシャツとは、襟付きの長袖シャツ全般のことを指します。

つまり、ビジネスを始めパーティーなどのオフィシャルなシーンで着用されるものという位置づけです。ドレスシャツを着用していると、汗や皮脂汚れで特に襟ぐりがひどく汚れてしまいがちです。汚れが頑固な場合、どんなに洗濯機で洗ってもきれいに落ちてくれないケースもあります。

襟ぐりは人目に付きやすい場所なので、その箇所が黒く汚れていると不快な印象を与えてしまいます。実は、頑固な襟ぐり汚れをきれいにするにはちょっとしたコツがあります。

それは、洗濯機で洗う前にシャツの襟ぐり汚れに直接、石けんを塗っておくことです。石けんを塗布してそのまま10分以上生地に浸透させて、後はそのまま洗濯機で洗うだけです。

こうすることで、石けんが生地の奥の皮脂汚れまで届けられ、きれいに除去してくれます。その他にも、鍋の中でぬるま湯で洗う方法も有効とされています。やり方は、まずドレスシャツが入るくらいの大き目の鍋に水と粉石けんを入れて溶けるまでよく混ぜます。

それから、鍋を弱火にかけて水面から湯気が立ってきたら、ドレスシャツを入れます。そして、そのまま弱火で沸騰させないように注意しながら、30分くらい煮ていきます。こうすることで、繊維の奥まで石けんが達するので、効果的に汚れを分解できるというわけです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です