Skip to content

ドレスシャツの選び方

ドレスシャツを選ぶ時のコツはいろいろあります。

中でも自分の体にジャストフィットするものにしておきたいです。その理由は、あまりにも大きいものだと、だらしがないといった印象を与えてしまうかもしれないからです。

特に首まわりは大切で、上着を着てもこの部分は人目に触れますから、必ずサイズの合ったドレスシャツにしておくのが無難です。目安としてはボタンをとめた際に、指が二本ほど入る大きさです。タイトなドレスシャツが好みなら、指が一本入るほどにします。

反対にゆったりしたものが良いなら、指三本限度にしておきましょう。袖の丈の選び方は、手の甲にかすかにかかるのかどうかくらいにしておくと良いです。または上着を着て自然な状態で腕を体の横に垂らしてみます。

その時に上着の袖から一センチくらい、ドレスシャツが見えるのが理想的です。ただし、ドレスシャツに使われている生地によっても若干違うのですが、洗濯すると縮みます。一般的には自宅で洗濯するのなら二、三センチ大きめのものを選びます。

もしも、毎回クリーニング店に依頼するなら、三、四センチ大きめのものを購入すれば、縮み過ぎて着られないといった事態を防げます。素材に関してですが、基本的には好みで選んで問題ないです。先述したように洗濯時にサイズが変わりにくい、あるいは色落ちしにくいものするのも良い方法です。

いずれにしても、購入するなら試着か少なくとも触っておくのは必須です。アレルギーが出る場合もゼロではないですし、心地良く感じるものでないと長く着られないです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です