Skip to content

ドレスシャツは、他のアイテムとの相性が大事

日本でドレスシャツというと、ワイシャツという印象を受けますが、本場イギリスでは少しニュアンスが異なります。「ドレス」がついているということは、カジュアルとは明確な差別を付けることが目的としており、例えばドレスウォッチやドレスシューズといった言葉からも、ある程度フォーマルな印象を与えるものとして区別されているのが分かります。

一般的にはシャツやネクタイは、単品で好みのデザインや色を選ぶことが多いものですが、ドレスシャツの場合はネクタイなどのアイテムとの相性が大切となります。ドレスシャツの基本は無地の白色です。品のいい白の無地シャツに、どのようなネクタイを合わせるかによっても、その人の感性と印象が変わってくるのです。本場イギリスでは昔、紳士になるためにまず初めに買い揃えるアイテムとしてドレスシャツが選ばれてきました。

男性にとって、それほど重要なアイテムなのです。今ではシャツに欠かすことのできないアイテムであるネクタイは、もともとの流行を作ったのは学生であったとも言われています。帽子についていたリボンを首に巻いて、そこから自分たちでオリジナルな色をオーダーしてタイを作っていったことが始まりだと言われています。

学生の象徴であるのはレジメンタルストライプといわれる柄物ですが、こういったレジメンタルタイはフォーマルなシーンにはふさわしくないとも言われます。正式な場で、ドレスシャツに合わせるのであれば、上質なシルクで出来た無地のタイを合わせることがいいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です